断片的な思考の数々

Rを安心させたいよ

って旅行中Jが言った

私が不安だ不安だと毎日のように訴えているからだと思う

私を安心させるために何かしてくれるのかもしれないし、ただ願望を口にしただけなのかもしれない

安心させたい、そのために…

安心させたい、でも…

後に続くのはどちらなのか、私には分からなかった

車は便利だしドライブも好き

Jの運転してる姿を見るのが昔から好き

Jの丁寧な運転が好き

幸いなことにJの車はファミリー臭が一切しない

Jは相当私を乗せる前に気を使ってるんだと思う

けれど、間違いなく家族のために買った車で

奥さんは、私と比べものにならないくらい助手席に座っている

同じシートに、同じシートベルト

指紋がついてる

私が何時間も座ったシートに

次、いつ奥さんが座るんだろう

もう、今日買い物で座ったかもしれない…そう考えたら寒気がした

まさか私のように、Jの口にガムを入れたり、飲み物を開けて渡したり、じっと横顔を見つめたり、腕を絡めたり、そんなことしてないよね

怖くなった

休日は、仲良く会話しながら何処かにドライブしてるのだろうか

どんな顔で?

Jの優しい笑顔が助手席に向けられている気がして、苦しくてたまらなくなった

降りる時気をつけて…

奥さんにもいつも言ってる言葉だろうなと思うと悲しくなった

2日目まではあまり考えずにいられたけど、帰り道は難しかった

私と過ごすのは楽しいけれど、疲れてしまうから、長くは無理、と思うのかな

2泊が限界…

聞き間違えていなければ、Jが旅行の日にちを決めた時に言っていた

それは

費用面で、なのか

家族の手前、なのか

Rといると疲れるから、なのか

理由はわからずじまいだった

だけど旅行中、

これで軽井沢にあと1泊できたらいいねー、だけど俺もたないわ

って言ったから

私といると疲れるというのは一理ある

ということがわかった

そんな私と本当に一緒に暮らしたいのかな…

私がSYJを求めすぎて、体力的にきついのかなと思ったけれど、それなら、SYJを控えめにすることもできる

SYJはもちろん楽しいし最高に重要だし至福の時間だけれど、私はそれだけのためにJと一緒にいたいわけじゃないから…

それをわかってほしいなって思った

かなり体力を使うSYJをしないとRは不機嫌…

って思われてたらどうしよう…って思う

SYJは二人の間に欠かせないもの

だけど、私はJのその部分だけ満たす人にはなりたくない

ただ、その欲求だけを都合よく満たす、見かけが好みなだけの女性にはなりたくない

そんなことないって思ってるけれど…

安定した家族との生活プラス私との少しの楽しい時間、この状態が望ましいかもしれない…

そういう考えがJの中に少しでもよぎるなら、私はこの先どう生きようって思う

そんな考えじゃないよね、J

日焼けしたJの顔に化粧水を塗った

お風呂上がり背中の水滴を拭いた

Jの髪をシャンプーした

寝てるJをずっと見ていた

Jのお膝に乗ってたくさんキスした

顔を舐めた

KUした

DKした

ATした

私がJにしか決してしないこと

そういうこと全部

一つも一回も

奥さんにされていないことを祈った

そういう、愛してるJにしか後にも先にもしないこと

絶対にされていないことを祈った

危険だ

今だってされる可能性がある

拒否してくれるんだろうか

優しいJは私のいないところで、奥さんを受け入れてないだろうか

性格が良く、日々感謝の気持ちを持って接している人を無下にできないだろう

怖くなる

仲良しを装っている、あるいは本当に仲良しである限り、そういうことは十分起こり得るだろうから…

夏休み最終日

Jは家族サービスだろうか…

有意義な1日にしてね、

そう言うつもりだったが、

やはり言えそうにないと思った

どう過ごすかなんて、全く想像したくない

Jが夏休み最後の1日を一人で過ごすなんてことは考えにくい

家族の前で、私に長いメールは打てない

スマホばかりしていたら感じが悪いと思われるだろうから

土日は家族のために私と出かけるのを控えようって思ってるように見えて

たぶん、自分の印象を悪くしたくないからかなと考えてしまう…

醜い嫉妬心だ

2泊3日の旅行は一人旅かなにかだったのだろうか

一人で山に登ってくる、そんな感じだろうか

家族と上手くやっていくつもりで、そんな風に言うしかないんだろうと思う

私は嘘つく必要がないから、そこがJとは違う

Jのそういう種類の苦労に対して、当たり前だけど、私は何も配慮できない

はっきり言って、上手くいくことを望んでいないから…

奥さんと仲が悪くないことが、私にとってどれだけ苦しいことか、わかってほしい

でも、Jの、奥さんに対する気持ちや態度は、コントロールできない

私は無力で、ただその事実に耐え続けるだけ…耐えられなくなる日まで

私はJのことが、異様に好きだ

頭おかしいだろって言われるくらい、好きでたまらない

25年以上

Jが

一つ質問してもいい?俺のどこが好きなの?

って言った

どこ…

どこ…

わからないけど、全部好きなんだと思う

ただ、メールの返事をくれないことや、泣きたくなるくらい悲しい対応をすることや、何を考えてるのか分からなくて不安で仕方なくなる行動をとるとか…そんなことは、なんで?っていつも思っている

だけど、Jを目の前にした瞬間、そういうなんで?と思うことを持ち出したくなくなるほど、愛しい気持ちが大きくなってしまう

いつも、しみじみ

「私、本当にこの人が好きだなあ…」って強く思う

J全体が理由なく好きなんだ

こんなに好きだから、私はJに振り回されっぱなし

昔からそう…

そろそろほっとさせてほしいな

実は壊れそうなんだ私

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク