親孝行

今朝起きたら、母が夜中にトイレに行く時に後ろにひっくり返ったと、報告してきた。

背中全体を打ったらしく、とても痛いらしい。畳の部屋に布団を敷いて寝ているから、立ち上がる時にバランスを崩すのだ。

今日一日、横になってるわ、と力なく言う母を見たら、とても悲しくなった。

早くボロボロの畳をフローリングに替えてベッドを買わなきゃと思い続けていて、なかなかできずにいた。

大事には至らなかったが、打ちどころが悪かったら、骨折の危険性がある。

床はとりあえずそのままで、早急にベッドを購入しなければと焦っている。

母はいつの間にか歳を取ってしまった。考えたら、母ともう一度は行きたいと思っていたヨーロッパ旅行も、今となっては間違いなく厳しい。大好きな北海道にも連れて行けないかもしれないと思うと、ものすごく落ち込んだ。

まだまだ行けるような気持ちでいたのだ。本当に、気づいた時にはサッサとは歩けない状態になってしまっていた。。

バカだなと思う。母一人子一人なのに、なにも親孝行できてないじゃないか。。

この歳になっても人生のパートナーはいないし、稼ぎも悪く経済的余裕もなし。心配ばかりかけまくり。。

娘の面倒や家事もたくさんやらせて、これじゃまるで、子供二人を抱えてるのと同じ。。申し訳ない。私はいまだに甘えてるのだ母親に。

心入れ替えねば。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク